FC2ブログ

あなたは誰? 私はわたし。。ありのままに、流れのままに。。。

☆すべてに感謝☆ 【ファーストシード】【オーガニックアロマ】【バッチフラワー】で変容中!神紋切り絵(アイヌ紋様+ウィルタ紋様)・背守りTシャツ

亡き父への感謝



先日、母が携帯で写メを送ってくれました。
先月他界した父が、丹精込めて育てた藤の花が満開で
例年よりも花付きがよく、それは見事に咲いていると、たいそう喜んでおりました。

まだ父もその辺にいるようなので、さぞかし喜んでいる事でしょう。




140603_073124.jpg
同じ藤の花でも、光の加減で全く違う色に見えるものですね~。
携帯の画像なので、雰囲気だけどうぞ。



昨年父が胆管がんの手術をし、何もしなければ余命半年と言われていました。
家族全員の希望で抗がん剤治療はせずに、1年程自宅療養をして
先月の天赦日に、みなが驚くほど楽に、安らかに光の世界に旅立ちました。


FS人の皆様には、何度も同時遠隔のお世話になり
心より感謝を申し上げます


父が病気になってからは、仕事の都合をつけ出来るだけ逢いに帰り
離れて住む私に出来ることを。。。との想いで
心を馳せてエネルギーを送る日々でした。



父は生後10か月の時に実父を病気で亡くし、姉と共に母親のもとを離れ
本家で育てられたので親の愛情を知りません。

親代わりの方々に愛情をかけて頂いたので、心がねじ曲がることはありませんでしたが
私達子供には、どのように愛情をかけてよいのかわからなかったのかもしれません。

私も子供心に父の人柄の良さは感じていたのですが
どう接してよいのかわからず、距離感のある親子関係だったように思います。


父と過ごす時間が限られているとわかってからは、後悔することのないようにと
父の心に寄り添い、とにかくスキンシップを心掛けました。


ある時、父の手を私が両手で包み込んでエネルギーを通していると
『あら~お父さん、若い人に手を握ってもらっていいね~』 と母。
『うん』と 嬉しそうにコクリとうなづく父。
母も(一応FS人)もう片方の手を、同じようにエネルギーを通し始めました。

このままこの時がずーーっと続けばいいのに。。。と想ったら涙がこぼれてきて
あわてて父に気づかれないように涙をぬぐったのでした。


もう一つのエピソード


父は亡くなるひと月前に入院したのですが、まだ車いすに乗れた頃に
『お父さん、ハグしよう!!』 と声を掛けました。
しばらく背中をさすりながら抱きしめ、離れようとすると
父がしっかりと私に腕を巻きつけていて離れようとしません。

『お父さん、もういいよ~』 と言うと 『立つのか~?』 と父。
えっ??? もしかしてリハビリと勘違いしてる!?
思わずみんなで笑ってしまいました。


そんな微笑ましい思い出を残してくれた父に、感謝の気持ちでいっぱいになるのです。


父は逢うたびに余計なものが剥がれていき
純粋無垢な子供のように魂が純化していくのが、はた目にもわかりました。

私は父の事がどんどん大好きになっていって
昔感じていた距離感は全くなくなっていたのでした。



まるでご先祖様から呼ばれるように、実父と姉と同じ月命日に逝った父。
家族ぐるみでお世話になった住職さんも1週間程前に先に逝き
待っていてくれたようです。


お父さん、迷わず、淋しくなく向こうへいけるね。

お父さん、たくさんの『愛』と『思い出』をありがとう。

大好きだったお父さん、どうぞ安らかに。。。

ありがとう ありがとう ありがとう



今日も数あるブログの中からご訪問頂き、本当にありがとうございます
みなさまに愛のエネルギーが届きますように


どうぞ1日1回クリックして応援投票をお願い致します
喜びのエネルギーが流れます

ありがとうございます
こちらも是非!愛のエネルギーが流れます
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
ありがとうございます
もう一つ!祝福のエネルギーが流れます

ありがとうございます

Ctrlキーを押しながら上の3つを応援ポチして頂くと、その場で入るんですって!
励みになりますので、ご協力お願い致します

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

カレンダー ▼

全記事表示リンク ▼

プロフィール ▼

最新記事 ▼

検索フォーム ▼

メールフォーム ▼

天気予報 ▼

QRコード ▼