FC2ブログ

あなたは誰? 私はわたし。。ありのままに、流れのままに。。。

☆すべてに感謝☆ 【ファーストシード】【オーガニックアロマ】【バッチフラワー】で変容中!神紋切り絵(アイヌ紋様+ウィルタ紋様)・背守りTシャツ

どんな中であっても人生を楽しもう♪



みなさまお久しぶりです
三連休の方も多いのでしょうか?
台風の影響を受けている地域もあったりと
大変な思いをされている方もいらっしゃることでしょう。。


生きている(生かされている)と本当に色々なことがありますよね
それにともなってものすごく多くの感情が入れ替わりながら
体中を駆け巡っていく。。。
嬉しい・楽しい・ありがたい・しあわせ
悲しい・つらい・淋しい・切ない・許せない・憎らしい・羨ましい・恨めしい。。。

何気に思いつくだけでも負の言葉の方が多い感じです
それだけそちらに感情が向きやすいのかもしれませんね

私の人生もどちらかというと波乱万丈のタイプなので
それはもう様々な感情を味わってまいりましたが
ここの所は意識の変容が進んできたせいもあるのか
随分受け止め方や受け入れ方が変わってきているように感じます

身近な親や恩師が天に旅立ったことも大きな要因でしょう
死を身近に感じながら生きている
それがずっと続いている感じなのです

年齢を重ねていけば、あちこちメンテナンスは必要になってきますし
病気やケガなどの介護にあたる場合もあるでしょう
若いからと言って災害や事故に巻き込まれないとはいえないですしね。。。

何か想ってもみなかった事、受け入れ難い事に出くわした時
何を感じ、どう受けとめ、受け入れていくのか。。。

泣きわめいても、怒りをぶつけても、悲嘆にくれても
残念ながら何も変わりません
ただ受け入れる過程においては、そこを通っていく場合は多いかもしれませんね
かつての私自身もそうでしたから。。。


以前は喜び事があれば天にも昇る気持ちになり
悲しみ事があれば悲劇の主人公の如く悲嘆にくれ
許せないことがあれば怒りを心の内に溜めこみ(発散する人も多いですね)
というように感情が大きく揺れ動くことが多くて
自分でも制御するのが大変だったのです

もしくは余りにも辛すぎて感情を感じないようにしてしまったり。。。
感情にフタをするとある意味ラクなんですよね~

傷ついていても傷ついているという実感はまるでないですし
私は大丈夫!てきな態度で平然としていたりします
でもこのパターンの人が癒されるのには相当時間がかかりますね
根っこが深いです

まずは自分が何を感じているのか?
何に反応するのか?
そういうのを意識することから癒しが始まるように感じています

感情を感じて、出し切って消化し、受け入れていく
(感情を人にぶつけるという意味ではありません)
怒りの感情や悲しみの感情が癒されていくほど
心が穏やかに安定し、あまり激しく揺さぶられなくなってきました

一見感情にフタをしていた時と同じような反応に見えるかもしれませんが
心の内はまるで違います
感情は感じつつも大きな波がたたずに、静かーーに受け入れる感じ

この世で経験することは、本当は良いも悪いもなくて
全てその魂にとっては必要なこと
だから逃げたり拒んだりせずに、受け入れることが大切なのだと感じます
(ただ何もせずに我慢するということではありません)

自分の感情といつも向き合っていると
色々なことがみえてきます
客観的にみえてくると、何があっても何とかなるものだと想えて
ジタバタしたり大騒ぎしなくなるものです

どんな中であっても、人生を楽しもう
という視点の方へ意識が向くようになり
課題も早く片付くことが多くなります

自分自身に起きた様々なことを通して私なりに学び
癒された程度、意識の変容がもたらされ
ラクに物事を受け入れられ、対処出来るようになってきたことは
とても有り難く感じています

どんなことも無駄なことはなく、今の私で在るために必要なことでした
そしてこれから起こることも必要あってのことでしょう
だから喜びも悲しみも、静かにありのままを受け入れていこうと想っています



久しぶりに心の変化について書いてみました
正直ブログを始めた頃と意識が随分違っていて
ブログ内のエネルギーにも違和感を感じることもあったりで
なかなかUPが出来ないでいました

ブログをお休みしようかな。。。との想いもあったのですが
自分自身の変化の記録が
もしかしたら、どなたかのお役にたつかもしれないと想い直し
プライベートブログとして、ゆっくり気ままなペースで続けることにしました


仕事関係の内容は
じゅあん♡幸運の運びやさんというブログを開設しましたので
今後そちらにUPしていきます

よかったら遊びに来てくださいね

今後とも二つのブログを、どうぞ宜しくお願い致します


全てに感謝

関連記事

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

カレンダー ▼

全記事表示リンク ▼

プロフィール ▼

最新記事 ▼

検索フォーム ▼

メールフォーム ▼

天気予報 ▼

QRコード ▼