FC2ブログ

あなたは誰? 私はわたし。。ありのままに、流れのままに。。。

☆すべてに感謝☆ 【ファーストシード】【オーガニックアロマ】【バッチフラワー】で変容中!神紋切り絵(アイヌ紋様+ウィルタ紋様)・背守りTシャツ

2016年12月 『日本の神様カード』 からのメッセージ ☆



諸事情で更新が遅れてしまい、申し訳ありません

早いもので今年もあと20日余りとなりました。
みなさまにとって、今年はどんな一年だったでしょうか?

私は、新たな始まりや新たな出会い、時に我慢や忍耐など。。
どれほどの『覚悟』を持ち、自分自身を『信頼』できるかを
試された一年だったと感じています。

まぁ『覚悟』『信頼』はこれから先もテーマでしょうけれど。

年の瀬に向けて慌ただしい日々になるかと思いますが
自分をみつめるひと時を持てるといいですね




それでは、私のブログに訪れて下さる方に

今月の 『日本の神様カード』 からのメッセージ です。




八雷神(やついかづちのかみ)


テーマ:強い意志と方向性。目的。空からの天啓。

神社:三島神社(若雷/愛媛県)。向日神社(火雷/京都府)
雲気神社(大雷/香川県)。雷神社(火雷/神奈川県)など。




カードのメッセージ


八雷神は、パワーです。
強い力そのものです。
かみなりは神鳴りに通じ、あなたの恐れを強烈なパワーで打ち砕きます。


ただ八雷神の八柱の神々は
やみくもに強いだけではありません。
正八角形のそれぞれの一辺を象徴し
お互いに絶妙のバランスを取っているのです。

雷神たちはパワーをいつ、どれだけ使えばよいのか良いのかを
識別する能力を持っています。



このカードをひいたあなたは、本来リーダーになる素質を備えています。
あるいは、教え導く役割を選んできているのです。

失敗への恐れはもう必要ありません。
心配や不安は、エネルギーを落とすだけです。



八雷神の強烈なパワーとバランスを
あなたも使いましょう。



また、自分の内側で正しいと思うこと
世間やまわりが正しいと思うことにギャップを感じているのでしょうか?

自分と社会、目に見えないことと目の前のことなど
八雷神は天と地という二つの世界の間を稲妻で結びます。
雷の音とともに、あなたに天啓が降りるでしょう。



もう一度、自分の意図と意志を確認し
八雷神とともに進んでいってください。







サブカードです。



菊理媛神(くくりひめのかみ)

テーマ:信じること。仲介する。こちらとあちらの次元の橋渡し。
神社:白山比咩(しらやまひめ)神社(石川県)。白山(はくさん)神社(新潟県)など。



カードのメッセージ


菊理媛神はパワフルで謎に満ちた、口数の少ない女神です。

伊邪那岐命伊邪那美命の間を黄泉平坂でとりなした
対立を治める仲介者であり
この世界とあちらの世界をつなぐ存在でもあります。



いま、人間関係で対立していたり、葛藤を抱えているなら
新しい道が見えてきそうです。

心を込めて正直に、普段言えないことも言葉で伝えるチャンス。

意外に相手の思っていることは
あなたが想像していたこととは違っているかもしれません。



思いを言葉に出すことを菊理媛神が助けてくれるでしょう。
また、現在商談を進めている方は、うまく進むはずです。



また菊理媛神は次元と次元を超えてメッセージを伝えます。
亡くなった方のエネルギーを受け取るお手伝いもしてくれるのです。

肉体がなくなるという事実について受け入れた上で
あちらとこちらを隔てる川を渡ることは可能だということを信じましょう。



亡くなった愛する人が、夢を通して
あるいは心に直接語りかけてくれるように
菊理媛神に祈って下さい。

対話のスタートは自問自答のように感じられるでしょう。
それでかまいません。そのうち確信がやってきます。



満点の星が輝く夜に、空を見上げて一回大きく息を吐いてみましょう。

天の川を渡る白鳥のように
菊理媛神はあなたの思いを届けてくれます。

理解と洞察が得られるでしょう。






いかがでしたでしょうか?

私たちは天から護られている存在です。

迷いや葛藤、未知なるものへの恐れは誰にでもありますが
いつまでも囚われているわけにはいきませんよね。

大掃除をしながら、身辺を整え
恐れずに自分の意志を強化して、前進していきたいものです。

自分の心の声を聴きながら、今月を過ごしていくうえで
カードのメッセージ
が、なにかしら参考になれば幸いです

どうぞ、ご縁のある方の心に響きますように。。





今日も数あるブログの中からご訪問頂き
本当にありがとうございます

みなさまに愛のエネルギーが届きますように

じゅあん♡幸運の運びやさん のブログもどうぞよろしく

じゅあん♡オンラインショップ にも是非、お越しくださいね

全てに感謝  


関連記事

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

カレンダー ▼

全記事表示リンク ▼

プロフィール ▼

最新記事 ▼

検索フォーム ▼

メールフォーム ▼

天気予報 ▼

QRコード ▼