FC2ブログ

あなたは誰? 私はわたし。。ありのままに、流れのままに。。。

☆すべてに感謝☆ 【ファーストシード】【オーガニックアロマ】【バッチフラワー】で変容中!神紋切り絵(アイヌ紋様+ウィルタ紋様)・背守りTシャツ

余命宣告には惑わされない!!


ここ数日間、入院中の父の見舞いに帯広へ行って来ました。
行きは高速道路を通らず、日勝峠を通って行くことにしました
日高側は晴れ間も見え、新緑も眩しく輝き、車も少なかったので快調に進んで行きます。


山頂付近はまだ残雪があるね~とのんびりムードで話していると
十勝側に入った途端、急に濃霧になり視界が真っ白になりました
余りの恐ろしさに思わず 『神様!どうぞお守り下さい!』 と
手に汗を握りながら必死に祈ってしまいました


山の天気を甘く見てはいけませんね。。。
こんなに怖い思いをしたのは初めてでした


なんとか無事に帯広の病院へ到着
久しぶりに両親との対面です。
父はかなり痩せてはいたものの思いのほか元気そうでちょっとホッとしました。


翌日手術をし、今後の治療法などを担当医と話し合ったのですが。。。
『一日でも長く生きたければ化学療法を!』と勧められます。
『少しでも効く可能性があるのならば
そこに賭けた方があとで後悔しないと思いますよ』
とも。。。


確かにその治療法が効いて
よい結果が出る人も中にはいるのかもしれないけれど
体力が落ちて免疫力が下がっている所に
更に苦しく辛い思いをして命を縮めてしまう人だっているわけです。


そちらのリスクについては極力触れようとしない担当医のお話に
私は非常に強い違和感と不信感を抱いてしまいました。


ただ長く生きればいいってものじゃない。
いかに人間らしく、心安らかに過ごせる時を一日でも多くもてるか。。。
価値観は人それぞれですので一概には言えませんが
私はそのように思うと母に伝えました。


担当医からは、何もしなければ余命○○位、急変するかもしれない等々。。。
患者側にとっては耳をふさぎたくなるような言葉を次々と聞かされ不安を煽られます。


こういうマニュアル通りの言い方をされると動揺して
一日でも長く生きてほしいと願う患者側は
医者の言うとおりに治療を承諾してしまう事が多いのだろうな。。。と感じました。


家族から承諾の取れなかった担当医は
父に 『娘さんも息子さんも化学療法を反対はされませんでしたよ』 と言って
治療した方がいいと勧めたそうです。
私は断固反対です!!と担当医の前でキッパリ言い切ったんですけどね。。。


『それでお父さんは先生になんて言ったの?』 と聞くと
『化学療法はしません!』 と答えたとのこと。


その後、引出しからノートを取り出し家族に見るように言います。
そこには日々の記録と共に 『手術はするけど、化学療法はしません』
日付と署名入りでキッチリとノートに記されていました。


どうやら告知を受けた時点で心を決めていたようです。
命と向き合いながら、この先どのように生きるか。。。
自分なりに想いを巡らせていたのですね。


父の顔を撫で、手をさすり、身体にエネルギーを注ぎながら
今までこんなに父に触れたことはなかったなぁ~としみじみ思い
病気に感謝をすることにしました。


それにしても人の命を余命宣告という
統計上の数字で簡単にはじきだしてほしくないと切に思いますし
人それぞれ皆違うのだから
医者の言う言葉を鵜呑みにせず(一部の方かもしれませんが)
惑わされず振り回されずに
『自分の命をいかに生きるか』
ということを
多くの人に見つめてもらえたらいいな。。。と感じます。


化学療法以外にも食事療法やヒーリング等
出来ることはまだ色々とあるわけで
絶望してあきらめることもない。。。


父に出逢えたこと、育ててもらったこと
こうして心から関わりあえることに感謝 して
日々自分の出来ることをしていこうと思います




どうぞクリックして投票をお願い致します。
喜びのエネルギーが流れます

ありがとうございます
こちらも是非、愛のエネルギーが流れます
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
ありがとうございます
もう一つ!祝福のエネルギーが流れます

ありがとうございます


関連記事

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

カレンダー ▼

全記事表示リンク ▼

プロフィール ▼

最新記事 ▼

検索フォーム ▼

メールフォーム ▼

天気予報 ▼

QRコード ▼